一口に紫外線と言っても焼け方に違いがでるのはなんで?

紫外線を受ける量が同じでも、人により日焼けしちゃう程度が違っているのは、元があるんです。日焼けをする原因となる紫外線のうけかたおんなじでも、全然日焼けをしてない人、かなり日焼けをしちゃう人がいます。赤くなりヒリヒリしてる方もいるようですし、すぐ肌が黒く焼けるかたもいるのです。

似ている条件で日焼けをしてても、それぞれ皮ふの環境は異なるんです。同じようにして紫外線をうけても、日焼けの具合が異なっているのは、メラニン色素のはたらきに違いがあるためです。日焼けには、紫外線のB波によって肌荒れといった炎症が引き起こされてしまうサンバーンと、A波によってすぐに肌色が濃くなってしまうサンタンがあります。だからすぐ日焼けしちゃう人というのは、メラニンを作り出しているメラノサイトの効能が良いことで、焼けてしまうという事は人が肌をカバーしている証です。メラニンの生成量が増加しているのは、それ位お肌が紫外線からカバーされてる事になりますので、光老化の抑制につながります。

また、日焼けをしない人は、紫外線を吸収しているメラニン量がが少量で、陽射しに当たるとトラブルを引き起こしやすい肌のかたなのです。紫外線を浴びてても肌が白い人は、肌荒れの要因になってしまいます。紫外線を受けても、なかなかお肌が白いという方は、紫外線の作用が殆どない印象があるのです。見た目の印象とはことなり、日に焼けることで皮膚が日焼けしない人ほど日焼け対策がだいじと言えるのです。