わきが手術の種類について

わきが手術は、わきがのレベルにあわせてするものですから、実際には手術まで必要ないという人もいます。きわがについて深く悩んでおり、手術を受けてわきがの悩みかれきれいに解き放たれたいと思っているような人もいます。わきが手術の種類は数多くあり、その中でも特によく行われている手術の方法について調べてみました。

剪除法と呼ばれ、皮膚を数センチほど切って、アポクリン汗腺という、わきがの原因である線を取り除く方法があります。剪除法は、効果が高い為、多くの病院で行われている手術法となっています。削除法といって皮膚の一部を切って、器具をそこから挿入して汗腺と皮脂線の両方を削除する方法もあります。

その他、わきがの手術には吸引法という方法もあります。わきの下の皮膚を数ミリ切って、そこから器具を挿入して、汗腺を吸引する方法です。マイクロレーザー法は、レーザーを皮膚に直接照射することで、アポクリン線を破壊する手術です。手術にかける時間が短くて、手術痕が残らないことが、マイクロレーザー法の利点です。超音波法は、皮膚に穴を開けて器具を挿入して、超音波の振動によって汗腺を破壊する方法です。

わきが手術にはいろいろな種類があり、それぞれにメリットもデメリットもあります。方法に違いがあるだけでなく、手術の費用や効果にも差があるのも事実です。わきが手術を考えているのであれば、それぞれ手術方法の良い所だけでなく悪い所も確認する事が大切です。カウンセリングなどを利用して、自分のわきがの症状に適した手術方法を見つけましょう。